2019年11月3日は祝日です!振替休日と連休があるのか今年以外もサクッと解説!

2019年11月3日は祝日です!振替休日と連休があるのかサクッと解説!

11月3日は祝日なので、カレンダーで気になるのは振替休日の有り無し…。

日にちが変わらない祝日は、曜日が毎年違うので カレンダーを見て月曜や金曜が祝日になっているとちょっとうれしい気持ちになります。

そこで、今年(2019年)は振替休日があるのか・その場合連休になるのか、サクッと解説しちゃいます!

 

スポンサーリンク

カレンダーで見る2019年11月3日(祝日)

2019年11月3日は祝日です!振替休日と連休があるのかサクッと解説!

2019年11月のカレンダーです。

日曜の他に休日を表す赤文字の日が2日あります!

11月4日・11月23日 ですね。

まず、11月3日は日曜日ですが 祝日『文化の日』です。

11月23日は土曜日なのに赤文字なので、11月のもう1つの祝日です。

 

スポンサーリンク

2019年11月祝日の振替休日の有無と連休は?

振替休日が発生するには、日曜日と祝日が重なることが条件なので、11月3日は『文化の日』祝日と、日曜日がかさなった為、11月4日が振替休日になります!

祝日と日曜日が重なってしまった場合、休日が1日減ってしまうので 減らさないようにするために祝日法で定められています。

 

2019年11月の連休は?

11月4日振替休日になるので、2019年11月は連休があります!

  • 11月2日(土)
  • 11月3日(日)「文化の日」
  • 11月4日(月)「振替休日」

上記の日程で3連休です!

11月3日は「晴れの特異日」なので、天気は晴れです! と言いたいところですが、今年の11月3日の天気はあまりよくなさそうです…。

ですが、せっかくの3連休。

屋内施設などにお出かけするのもアリですよね♪

 

スポンサーリンク

今まで・これからの11月の振替休日は?

2019年11月3日は祝日です!振替休日と連休があるのかサクッと解説!

11月「文化の日」の振替休日 ”11月4日” ですが、過去にはこれだけありました。

  • 1974年(昭和49年)
  • 1985年(昭和60年)
  • 1991年(平成3年)
  • 1996年(平成8年)
  • 2002年(平成14年)
  • 2013年(平成25年)
  • 2019年(平成31年4月まで・令和元年5月から)

翌年の2020年の11月の振替休日はありません。

次の11月の振替休日は、2024年で、振替休日は11月4日にあります。

今年の4日の振替休日が終わったら、最短で次は5年後です。

振替休日って よくありそうな気がしますが、実はそう何回もあるものではないんですよね。

これを機に 振替休日に目を向け、いつもとは違ったちょっと特別なことで振替休日を楽しむのもいいですね。

 

スポンサーリンク

土曜日と祝日が重なっても振替休日が発生する?

2019年11月3日は祝日です!振替休日と連休があるのかサクッと解説!

現在 学校は土日休みの完全週休2日制、企業も土日休みの週休2日制のところが多くなっていると思います。

その感覚でゆくと、「土曜日も休日なので 土曜日と祝日が重なっても振替休日が発生する」と考えがちですね。

ですが、「国民の祝日に関する法律:祝日法」によると 土曜日は休日扱いでありません。

週休2日制になる前は、土曜日も学校だったんです。

丸1日ではなく 半日(給食がなく3時間授業で下校)だったのですが、ギリギリ平日という感覚でした。

祝日法でも休日扱いではないので、土曜日の病院はお昼までの診療が多いのではないかと思います。

当時のなごり(?)もあるんでしょうか…?

結果、休日扱いではない土曜日と祝日が重なっても、振替休日は発生しないので間違えないように気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2019年11月3日周辺に振替休日はあるのか・連休になるのか調べて見ました。

  1. 2019年11月3日は祝日ですが、日曜日のため4日が振替休日になります。
  2. 2日 土曜日~4日 月曜日まで3連休です。
  3. 祝日が土曜日と重なっても、振替休日は発生しません。
  4. 11月4日が振替休日になるのは 次は5年後。

この4点が今回の結果です。

今後、「文化の日」の意味や由来いついても調べてみようと思いますので、その時はまたご紹介します。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク