2019年2月23日が天皇誕生日じゃない理由は?令和初の祝日になるのはいつ?

2019年2月23日が天皇誕生日じゃない理由は?令和初の祝日になるのはいつ?

天皇誕生日が「2月23日」になります。 

ですが、2019年の「2月23日」は 天皇誕生日ではありませんでした。

どうして天皇誕生日ではなかったのか その理由と、いつから「(新)天皇誕生日」が祝日としてカレンダーに登場するのか について調べてみます!

毎年当たり前にカレンダーに記載されている天皇誕生日や祝日が変動するなんて、なかなか経験できることではないですね。

 

スポンサーリンク

2019年2月23日が天皇誕生日ではない理由とは?

2019年2月23日が天皇誕生日じゃない理由は?令和初の祝日になるのはいつ?

2019年のカレンダーの中には、今まで当たり前のようにあった天皇誕生日がありません。

ご存じの方も多いと思いますが、天皇徳仁さまの誕生日は2月23日、令和時代の天皇誕生日として祝日になります。

皆さんの記憶に新しい「新天皇即位」 令和が始まったのは、今上天皇である徳仁さまが即位された2019年5月1日からです。

ここで、ハッとする人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうです。 天皇誕生日となる「2月23日」は、即位した「5月1日」には すでに過ぎてしまっているのです。

そのうえ令和になり、現在上皇陛下である明仁さまの誕生日は、祝日として今まで通りお祝いすることができないため、2019年のカレンダーには天皇誕生日がない年になりました。

この天皇誕生日がない年は、1948年の祝日法が制定されて以来、初めてのこと。 こんな稀な年もあるんですね。

今後のお代替わりのときに、「今回の天皇誕生日はどうなるんだろう」と関心を持つ人が増えるのではないでしょうか。

 

天皇誕生日のない2019年は祝日が減る?

ちなみにですが、天皇誕生日がないからといって2019年の祝日が、例年よりも少なくなっているわけではありません。

今年は特別に、即位された5月1日・「即位礼正殿の儀」が執り行われた10月22日が祝日になりました。

ですので、「天皇誕生日」がない分 1日減ってしまいましたが、「天皇即位の日」「即位礼正殿の儀の行われる日」で2日増えるので、2019年の祝日は例年より1日多い、17日となりました。

 

スポンサーリンク

「2月23日」の天皇誕生日はいつから祝日になる?

天皇が変わったことにより、「12月23日」から「2月23日」に変更された天皇誕生日はいつからカレンダーに祝日として記載されるのでしょうか。

(噂では、ずいぶん前から「2月23日」が祝日になっている地域があるらしいのですが…)

令和初の天皇誕生日は 令和2年(2020年)2月23日(日)です。

そしてうれしいことに、日曜日と重なっているので、振替休日が発生します。

2月22日(土)通常の土曜日
2月23日(日)天皇誕生日
2月24日(月)振替休日

このように、3連休となるのです。

令和初の天皇誕生日に振替休日が発生すると、天皇誕生日を祝う祝賀イベントにゆっくり参加できると思いますので、まだ参加したことがないという方も 是非参加してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回調べた「2019年2月23日が天皇誕生日ではない理由」「いつから祝日になるのか」につての結果をまとめてみます。

  1. 今上天皇が即位した5月1日には すでに天皇誕生日となる2月23日は過ぎていた為
  2. 2019年は「天皇誕生日がない年」になったからといって、祝日が少ないわけではない
  3. 2月23日が「天皇誕生日」としてカレンダーに記載されるのは、2020年2月23日から
  4. 2020年2月23日は日曜日なので、振替休日が発生し3連休になる

簡単にまとめてみました。 いかがでしょうか。

こんなに祝日に変化がある年も 本当に珍しいと思います。

リアルタイムでこの時を感じることができて なんとなくうれしいです。

2020年2月23日がどのように祝われるのか 楽しみですね。

最後までご覧いただき ありがとうございました。

 

スポンサーリンク