2020年以降12月23日平成天皇の誕生日はXmasのために祝日になる?平日に戻る?

12月23日平成天皇の誕生日は祝日になるなるのか平日に戻るのか問題点は?

「12月23日」の祝日は、クリスマスの関係上 個人的にとても大事でありがたい祝日でした。

現在話題になっているのは、12月23日「平成天皇の誕生日」は2020年以降 祝日になるのか、平日になるのか。

「平成天皇の誕生日」という名称も正式なものではないと思うのですが、祝日でも平日でも 上皇陛下の誕生日として残したい・祝いたいから、この名称ができたのだと思います。

12月23日を祝日として残すには、どんな問題点があるのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

12月23日「平成天皇の誕生日」は祝日に? 平日に戻る?

12月23日平成天皇の誕生日は祝日になるなるのか平日に戻るのか問題点は?

2018年の「12月23日」は、85歳を迎えられた上皇陛下の平成最後の天皇誕生日でした。

2019年のカレンダーの「12月23日」には、祝日としての『天皇誕生日』の記載ではありません。

それは、上皇陛下が退位し 天皇陛下ではなくなったため「12月23日」が祝日ではなくなるからです。

そして、2020年(令和2年)以降の天皇誕生日は「2月23日」になります。

天皇陛下が変わり、12月23日が暦上「天皇誕生日」ではなくなるのですが、話題になっているのは上皇陛下の誕生日「12月23日」を今後、祝日として残すのか・平日に戻るのか という点です。

祝日として残す場合でも、平日に戻る場合でも 様々な意見や問題点があると思います。

現在はどのような意向で「12月23日」を扱う方向性なのでしょうか。

Xmas(クリスマス)に関係してくるので、国民は関心が高いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

12月23日「平成天皇の誕生日」が祝日にならないのはなぜ?問題点は?

12月23日平成天皇の誕生日は祝日になるなるのか平日に戻るのか問題点は?

話題になっている「12月23日」を祝日として残すかどうか…。

今後も本当に祝日として残ることは無いのでしょうか?

結論から言うと、「12月23日」は 今現在 祝日として残る予定はありません。

大きな理由は、天皇陛下と上皇陛下による「二重権威」への懸念です。

上皇陛下が在位されている間に上皇陛下の誕生日を祝日にすれば、天皇と同じ権威をもつ存在という「権威付け」になる可能性が高く、そうなると上皇陛下に感謝する民間行事が開かれてしまうため、少なくとも上皇陛下御存命の間は 12月23日を祝日にすることは避けるべきではないか という意向が強いようです。

そのため、当分の間は12月23日が改めて祝日として制定される可能性は少ないのではないでしょうか。

 

12月23日を祝日「平成の日」として残す可能性は?

先程、当分の間は12月23日が改めて祝日となる可能性は少ないと書きましたが、可能性がゼロなわけではないと考えています。

昭和天皇の誕生日である4月29日を例にすると、昭和天皇が亡くなった後に「みどりの日」となり、その後「昭和の日」と名前を変えて改めて祝日になりました。

また、明治天皇の誕生日である11月3日も「文化の日」と、名前を変えて今も国民に親しまれる祝日になっています。

天皇誕生日として「12月23日」が祝日ではなくなることから、SNSなどでは「平成の時代に想いを馳せる平成の日にして」と言う声もありました。

(何にでも対極の考え方があり「祝日として残せるほどの功績が感じられない」という厳しい声があるのも事実です)

明治天皇の誕生日が今も祝日として残っている理由の一つに、「国民の請願」があります。

もしかしたら、この想いを汲み取って何年か後には改めて「平成の日」など、祝日として制定されるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

12月23日「平成天皇の誕生日」が祝日じゃなくなるとクリスマスどうなる?

平成では、クリスマスシーズンの祝日として30年間定着していた平成天皇の誕生日ですが、12月23日が2019年から祝日ではなくなることに戸惑う声が予想されます。

12月23日「クリスマス イヴイヴ」・12月24日「クリスマス イヴ」・12月25日「クリスマス」 この3日間は大きなイベントなので、いろんな声が聞けるのではないでしょうか。

『12月23日が祝日じゃないと困る!』と訴えている声を集めてみました。

やはり、「クリスマス」の準備に支障が出ちゃいますよね…。

私にとっても、12月24日に向けて準備するのにもってこいの祝日でした。

この日が祝日ではなくなるのは、本当にイタイです…。

他には「12月に祝日が無くなる」という点も、見られました。

祝日の無い月は、6月と12月です。

祝日の無い月は、何となく 気を抜くところのない重量感を感じてしまいます…。

それに、今まで当たり前のように存在していた祝日が2019年以降なくなることは、寂しい気持ちにもなります。

ですが、いずれは「2月23日」が天皇誕生日であることが当たり前になってしまうんですよね、きっと…。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回調査した点をまとめてみます。

  1. 天皇誕生日は、2020年(令和2年)より「2月23日」になる
  2. 現時点では「12月23日」が祝日ではなく平日に戻る
  3. 祝日として残る可能性はゼロではないが、現在は祝日にならず
  4. 12月23日が祝日ではなくなると困る声が多数

このような結果になりました。

日本は祝日が多い国として有名ですが、有給消化率が悪いことも有名です。

12月23日が祝日だった時は、クリスマスを過ごすために有給を使い連休を作る方もいたのではないでしょうか。

有給消化率向上のためにも、今後12月23日が祝日になることを個人的に期待します。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク