【BATTLE OF TOKYO】チーム・グループ名の設定を徹底分析!この世界観を味わえ!

「BATTLE OF TOKYO」のCD(DVD付き)が届きました!

早速視聴してみると、今までよくわからなかた各チームのグループ名や役どころなど、少しづつ「BATTLE OF TOKYO」の全貌が見えてきました!

この世界観は見た人だけにしかわからない、ド迫力のエンターテイメント!

なぜ各グループにアバターとして他の名前が存在する設定でBATTLEする必要があるのか、「BATTLE OF TOKYO」の告知が始まった当初は全くわかりませんでしたがこれを見れば少し世界観が見えてくるかもしれません!

「BATTLE OF TOKYO」1つのイベントだけで 何千、何万人というファンが動きだします!

一体どれだけのファンを虜にすれば気が済むのか…。

私も虜にされたうちの一人です…。

スポンサーリンク

BATTLE OF TOKYOとは…

「BATTLE OF TOKYO」は4グループによるエンターテイメントショー。

「東京の戦い」を意味する「BATTLE OF TOKYO」。現実世界の「東京」と、近未来の「新TOKYO」、別次元の「超TOKYO」というパラレルワールドを舞台にしたファンタジーで、どれがリアルなのか、本当の自分を知るための戦いを描く。

例えば、GENERATIONSは、超TOKYOでは「MAD JESTERS」というグループ名で存在。メンバーはリアルな自分と架空のキャラを演じ分けていく。 引用:Sponichi Annex

「GENERATIONS」「THE RAMPAGE」「FANTASTICS」「BALLISTIK BOYZ」の4グループが結集した大規模なライブとなるのですが、通常のライブと違いストーリー性が組み込まれ、各グループそれぞれに配役があります。

その舞台となるのが、少し先の未来の「新TOKYO」 別次元のパラレルワールド電網都市「超TOKYO」です。

HIROさんは「このプロジェクトは10年規模だ」と、Sponichi Annexの中で答えていました。

私も「絶対これは序章に過ぎない!」と思っていたので、これからも続いていくプロジェクトになるのはとてもうれしい限りです!

今やジャ○ーズをもしのぐ勢いのLDH。

色んなイベントがあるたびに毎回思うのです…。HIROさんの頭の中が見てみたい… と。

では早速、各グループはどんな配役なのか解説していきます!

 

スポンサーリンク

GENERATIONS:MAD JASTER(マッドジャスター)

 
引用:オフィシャルサイト

超TOKYOの正義の為、誰よりも早く美しく奪い去る七人の怪盗団

普段はそれぞれまっとうな仕事をしているが、怪盗団という裏の顔を持つ

彼らにとって「バビロニウム」は誰にも盗むことのできない唯一無二のお宝

彼らの怪盗としての行動こそが「争い」の発端となり革命の火ぶたが切られるのである

引用:BATTLE OF TOKYO CD限定版DVDより

  • 白濱亜嵐   → ZERO
  • 数原龍友   → SMASH
  • 中務裕太   → ROSSO
  • 小森隼    → Chatter
  • 佐野玲於   → MASATO
  • 関口メンディ → PARTE
  • 片寄涼太   → SherRock

 

「GENERATIONS」は『怪盗団』です!

こんなオーラの隠せない怪盗団アリでしょうか…! アリです!!

BATTLE OF TOKYO のバトルが始まった発端が「MAD JASTER(GENERATIONS)」のようですね。

玲於くんとメンさんで、お宝目の前にワキャワキャなっているところが想像できてしまう…。

メンバーそれぞれの個性に会った衣装もナイスです!

グッズも「GENERATIONS」と「MAD JASTER」の2パターンあるので、両方そろったらかなりのビジュアルになりますよね。

それにしても「バビロニウム」とは何のことでしょうか…。

 

スポンサーリンク

THE RAMPAGE:ROWDY SHOGUN(ローディーショーグン)

 
引用:オフィシャルサイト

「欲」と「力」が支配する超TOKYOの歓楽空間を守る最強の用心棒集団 

「個」を大切に「和」を乱すモノを排除する

彼らが望む都市の「和」を実現する為、バビロニウムの力を探し始める

引用:BATTLE OF TOKYO CD限定版DVDより

  • LIKIYA   → HADES
  • 陣      → 五右衛門
  • 与那嶺瑠唯  → GUSK
  • 山本彰吾   → MARDUK
  • 岩谷翔吾   → TRAVIS
  • 神谷健太   → MI-YA
  • 浦川翔平   → 猿飛
  • 藤原樹    → 如月
  • 武知海青   → MARINE
  • 長谷川慎   → Q-B
  • 龍      → JOE
  • 鈴木昴秀   → A-NOT
  • 後藤拓磨   → JUDY
  • RIKU    → BAILEY
  • 吉野北人   → LUCAS
  • 川村壱馬   → LUPUS

 

THE RAMPAGE 16人のグループなので、多いですね~!

メンバーかなり筋肉ムキムキなので、『用心棒集団』はドンピシャではないでしょうか!

筋肉パフォーマーの武知海青くんは、きっと自分の筋肉を見せたいんです…。

基本的に、脱ぎます。 

そしてRIKUくんは、腕筋がすごいです! 

基本的に、袖なしです。

こんな筋肉の塊の集団から守られてみたい…。乙女の願望です…。

BATTLE OF TOKYOから逸れてしまいましたが、怪盗団の「GENERATIONS」と真っ向勝負する立場ではないでしょうか…。

「バビロニウム」は何か特別な力のようです。

その特別な力で、ライブ当日 欲しいランダムグッズを当てたい…。

 

スポンサーリンク

FANTASTICS:Astro 9(アストロナイン)

 
引用:オフィシャルサイト

超TOKYOのトラブルを静かに処理する9人のトラブルシューター

バビロニウムこそトラブルの元凶とし、この「争い」に参加する

そしてこの世界の「闇」に立ち向かい。「理」を学んでゆく

引用:BATTLE OF TOKYO CD限定版DVDより

  • 世界    → テクウ
  • 瀬口黎弥  → カグラ
  • 澤本夏輝  → ハジメ
  • 堀夏喜   → ディル
  • 木村慧人  → ケイン
  • 八木̬勇征  → カラス
  • 中島颯太  → アリア
  • 佐藤大樹  → イタル

 

「FANTASTICS」は、『トラブルシューター』ですね!

若いグループなのでかわいらしい印象ですが、この顔でサラッとトラブルを解決しちゃうんですね。

どうやら、「バビロニウム」の力をよく思っていないようです…。

トラブル反対!ですから、その原因をなくすのは『トラブルシューター』の役目ということで、やはり前述2グループとバトルになること間違いなしです。

世界さんを出し抜ける人はいなさそうだな…。

あのつぶらな目で圧力かけられたら、真実を話してしまいそう…。

もしかして、これが「バビロニウム」の力!? そんなわけない!ww

 

スポンサーリンク

BALLISTIK BOYS:JIGGY BOYS(ジギーボーイ)

 
引用:オフィシャルサイト

禁断のエリア「バラル」から現れた影の集団

彼らはすべてを監視し、きたる時を待ってる

それは、「個」の「争い」によって生み出されるバビロニウムの「力」の存在を知っているからである

引用:BATTLE OF TOKYO CD限定版DVDより

  • 砂田将宏 → Skeet
  • 深堀未来 → Future
  • 加納嘉将 → Yuki
  • 奥田力也 → Libla
  • 松井利樹 → X
  • 海沼流星 → Floly
  • 日高竜太 → Cloude

 

「JIGGY BOYS(BALLISTIK BOYS)」の正体がまだはっきりしません…。

「彼らはすべてを監視し~」ということは、時間をパトロールする「時空警察」のような存在でしょうか…。

そして「バラル」とは、また別の世界あるという風にとらえることができます。

伏線が多すぎる~!

「BATTLE OF TOKYO」4チームのバトルを実際に見た人しかわからない 何かが隠されているのではないでしょうか…。

一番若手の、しかも2019年5月にデビューしたばかりのグループが ″キーマン” になると誰が予想したでしょうか。

改名されずに第2弾へ持ち越されたら…。 次も参戦するしかありませんね!

 

最後に…

配役はこのようになってました。

7/4~7/7までの4日間、幕張メッセで開催される「BATTLE OF TOKYO」で、90%は解明されるのではないでしょうか…。

まだまだ謎が多い「BATTLE OF TOKYO」ですが、次につながる伏線も楽しみの一つになること間違いなしです!

4日間の間に参戦しますので、リアルレポ記事をお待ちください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク