「山の日」とは何が由来でいつからあるのか大調査!8/11は第2希望だった!?

8月11日は「山の日」ですね。

私の記憶が確かならば、比較的新しい祝日だったはず…。(『料理の鉄人』大好きだった~)

今回調査したのは 何が由来でできた祝日で、(今となっては浸透しているけれども)いつからある祝日なのか…。

調査してみると意外な事実も見えてきました!

当たり前のように8月11日を「山の日」として過ごしていますが、実は第2希望の日にちだったらしいのです!

どうして第2希望の日にちを「山の日」にしたのか 気になっちゃって気になっちゃって仕方がないので、サクッと調べちゃいました!

どんなふうにして祝日ができるのか、何となくわかるかもしれません。

 

スポンサーリンク

「山の日」の意味とは?

あまり気にしたことがないと思いますが、祝日って多いようで少ないんですw

そして、祝日にはそれぞれちゃんとした意味が込められています。

比較的新しい祝日の「山の日」は、どんな意味が込められているのでしょうか…。

もしかして、そのまんまの「山を楽しもう!」的な意味なんじゃないの!? と思っている人かなり多いと思う…(。-`ω-)

正解は…!!

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という意味でした~☆

しかも、「山の日」という名称や「山に親しむ機会を得て~」という意味からして、紅葉の季節の秋ごろ 行楽時期の祝日だと思うじゃないですか!?

なんと、『8月』の祝日という事実… ちょっと親近感湧いちゃいます(*^^*)

こんな意外性のある祝日の「山の日」なので、他にもっと意外なことが隠されているかもしれません!

次は、由来について調べていきましょう☆

スポンサーリンク

「山の日」の由来とは?

引き続き じゃんじゃんいきます!

もっと意外な事実が出てくるのではないかと期待して、由来について紐解いていきましょう!

意味が込められているくらいですから、昔からの言い伝えのような感動する由来があるのではないかと みなさんよりも期待して調査を進めるにつれて、驚愕の事実が…!!

なんと、「山の日」の由来は…!!

特に由来となる大きな出来事などはありませんでした! 驚愕!!

しかも! 「山の日」ができた本当の理由は、一言でいうと『お盆休みを長くするため』だったとか…。

さらに!8月11日を「山の日」にすることが本命ではなかった! という事実も判明しました!

本命は 次の日の 8月12日

その方がお盆ときれいにくっついて 休みが1日長くなります。

ですが、8月12日にできなかったんです…。

 

どうして8月12日にできなかった!?

1985年(昭和60年) 8月12日、日本航空123便墜落事故が発生しました。

その墜落した場所が、群馬県の『御巣鷹の尾根』という山のつらなりだったんです。

「そんな日をお祝いするのは違うのではないか」という声もあり、8月12日は「山の日」にはなりませんでした。

123便へ乗っていた方への配慮、とても素晴らしいと感じました…。

ですが後々8月11日のほうが 縁起の良いと思える 後付けの意味が込められていきます。

漢数字の「八」の下に「11」と書くと山の麓に木が2本立っているように見える、あるいは山に向かって進む一本道に見える  引用:Wikipedia

 

ということで、後付けではあるのですが 8月11日が「山の日」だという思わず納得しちゃう理由や由来ができました。

8月11日が祝日となり飛び石連休になってしまうので 企業によっては8月12日も休みにしてしまうところもあるのだとか…。

「山の日」ができたことでお盆とつながり さらに休みが1日多くなったということは、結果オーライではないでしょうか☆

 

スポンサーリンク

「山の日」いつからできた?

特別な由来の無い祝日「山の日」

次に気になるのは、お盆休みを長くするためだけに作られた説が浮上した「山の日」は、いつから作られた祝日なのか…。

やはり ここ数年前にできた祝日でした!

8月11日が「山の日」になったのは2016年(平成28年)

祝日が新設されたのは 20年ぶりだそうです!!

その前に新設されたのは1996年「海の日」

こうやって、少しづつ祝日って増えていくんですね~(´-ω-`)

知ってましたか!? 祝日って増えもするんですが、移動もするんです!

色んな状況に対応するために、祝日法がフル活用ですね!

 

いかがでしたか?

「山の日」の謎が少しでも解明できたでしょうか…。

引き続き他の祝日を調査しちゃいますので、また拝読よろしくお願いしますm(__)m

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク