10月22日祝日(延期)即位パレードの時間やコース(ルート)は?テレビ・ネット放送はどこ?




2019年10月22日は「即位礼正殿の儀」が執り行われる日で、即位パレード「祝賀御列の儀」も同日に行われる予定でしたが、11月10日に延期になることが決定しました。

日程だけの変更かと思いましたが、時間なども一部変更があるようです。

気になるのはパレードの時間やコース、現地で見られない人の為にテレビ・ネット放送があるのか…。

下調べをするのに時間がない… という方のために、代わりに調べてきます!

 

スポンサーリンク

即位パレード「祝賀御列の儀」のコース

10月22日に即位礼正殿の儀が宮中で執り行われた後に、ご即位を国民に広く披露し祝福を受けられるため 皇居から赤坂御所まで即位パレード「祝賀御列の儀」が行われる予定でしたが、執り行われる儀式の内容が変更しました。

変更になったのは 即位パレード「祝賀御列の儀」の日時で、コースなどは変更がないようです。

 

二重橋前交差点 ➡ 桜田門交差点 ➡ 国会議事堂正門前 ➡ 憲政記念館前交差点 ➡ 国立国会図書館前 ➡ 平河町交差点 ➡ 都道府県会館前 ➡ 赤坂御用地南門前 ➡ 青山一丁目交差点及び権田原交差点を経て ➡ 赤坂御所に御到着

コース決定前にはABC3コースが提案されていましたが、このチェックポイントを通るコースが2019年5月21日に決定し、発表されました。

コースの全長は 約4.6km です。

チェックポイントとなる場所の写真を見ていきましょう。

     

引用:首相官邸公式サイト

Googleマップでコースをたどってみましたが、基本的にどの場所でも上の画像のように遮る建物などなく パレードが見られるコースになっていました。

パレードの見やすさや、開放感のあるコースなのかの定義があります。

  1. 車列全体 約350m(平成度)が視認できる直線区間がある
  2. 沿道に高いビルが並び立つ区間の長さ
  3. 首都高速の高架を上に見る区間の長さ

この3項目をすべてクリアしたコースなので、基本的にどの場所で見ても両陛下が見られそうですね。

 

スポンサーリンク

即位パレード「祝賀御列の儀」が見やすいおすすめ場所はココ!

パレード見るのに遮るものがない場所も もちろん大事です!

併せて重要になってくるは、歩道の幅や両陛下との距離ですね。

パレードは通常通行する車道ではなく、反対車線を通ります。

その点も考えながら、パレードを見る場所を決める必要がありそうです!

 

見どころ① 二重橋前 皇居前広場

10月22日(祝日)即位パレードの時間やコース(ルート)・予備日はいつ?テレビ・ネット放送は?

なんといっても、出発直後の皇居前広場は欠かせないです。

ですが、両陛下のお姿を皇居で見たい奉祝者は 多いと思われます。

競争率の高い場所といえるでしょう。

 

見どころ② 国会議事堂前

10月22日(祝日)即位パレードの時間やコース(ルート)・予備日はいつ?テレビ・ネット放送は?

カーブの前の赤太線直線コースも見やすい場所になるのではないでしょうか。

さえぎるものがない直線のコースは 、列の後ろの方になってしまっても  比較的みえやすいと思います。

赤枠国会議事堂前カーブの歩道だと 国会議事堂前を曲がった後もパレードの車両がみられるので 運よく最前列付近で見ることができれば、少し長く両陛下を見られるかもしれません。

 

引用:Googleマップ

画像は『国会議事堂前』の歩道です。

マップで確認しましたが、歩道の幅に結構余裕がありますね。

 

見どころ③ 青山通り

引用:Googleマップ

一番直線距離の長い、『赤坂警察署前』~『青山1丁目』の交差点までの間ですね。

赤坂御所の横を通るので、木の緑がとても映えるのではないでしょうか。

青山通りに立ち並ぶビルなど「建物の2・3階から見る」という方もいると思います。 

TVでもそういう話を聞きました。

ですが、天皇陛下と同じ高さで 同じ空気を吸うことなんてめったに出来ることではありません。

その瞬間しか感じることのできない時間を最大限に楽しみましょう。

当日、奉祝者の人数は相当な数に上ることが予想されます。

体に無理がないところで、パレードを拝見しましょう。

 

スポンサーリンク

11月10日延期になった「即位パレード」のスケジュールは?

10月22日当初の予定では、13:00から行われる『即位礼正殿の儀』が終了し、即位パレード「祝賀御列の儀」がスタート 15:30に皇居を出発し赤坂御所に到着予定が16:00頃の予定でした。

11月10日に延期になったため、スケジュールにも変更があります。

 

出発時間・パレードの速度は? 

11月10日に延期になり、スタートは 15:00 に変更されています。 

コースの変更はありませんので、赤坂御所に到着するまで 30分~40分ほど。 意外に短くて ビックリです。

4.6kmを30分で移動する… ということは、時速 約10km くらいで走行するということですよね?

パレードは目の前を サラッと通り過ぎてしまうのではないかと思っていましたが、思っているよりゆっくり両陛下を拝見することができそうです。

言わずと知れていますが、当日の奉祝者はかなりの数に上ると思われます!

交通規制もされているので、公共交通機関の利用必至ですね。

 

予備日はある?

屋外で何かを行う場合には、必ずついて回る天気。

即位パレード「祝賀御列の儀」にも予備日が設けてあります!

10月22日に行われる予定だった場合の予備日は、10月26日(具体的な内容は検討中)でした。

今回の11月10日延期での予備日は今のところ確認できていません…。

11月14・15日に「大嘗祭(だいじょうさい)」も控えているので、日にちに余裕がないですよね。

11月10日の悪天候だった時は、最悪 即位パレード無し の可能性もあります。

そうならないためにも、「晴れの特異日」のある11月の天気が良いことを期待しましょう!

予定通り10月22日だったら、有給を使って4連休にし余裕をもって両陛下を拝見できたのかもしれませんが、11月10日は通常の日曜日です。

交通規制の点もあるので、時間に余裕をもって両陛下を拝見してきてくださいね^^

2019年11月10日、いい天気になりますように…。

 

スポンサーリンク

混雑必至!奉祝者の人数予想 

引用:首相官邸公式サイト

平成2年11月12日、現今上天皇・上皇の即位パレード「祝賀御列の儀」が行われました。

今上天皇皇后の即位パレードの時はどのくらいの奉祝者の数だったのか、参考に見て行きましょう。

当時の奉祝者はなんと!! 11万7千人

調べてみると、「福岡県 大牟田市」「栃木県 那須塩原市」の人口と同じくらいの数でした(;゚Д゚)

約4.6kmのコースに1つの市町村の人口が集まると考えると、ちょっとびっくりしてしまいますね…。

現今上天皇・上皇の即位パレード「祝賀御列の儀」の時のコースは、首都高速の高架下を通る区間や 歩道や勾配があり奉祝者がパレードを見にくい場所があったようなのですが、それでもこの奉祝者の数です。

その時よりも見やすコースになっている今回のパレードは、もっとたくさんの奉祝者の数になるのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

11月10日即位パレードの様子はテレビやネットで放送・動画配信される?

当日、見に行けない人もたくさんいます。

そこで見に行けない人が現場の状況を知る手段は、テレビやネットでの放送や配信ですね。

現在 政府広報オンラインで公表されているのは『政府インターネットテレビ』でのライブ中継です。

「政府インターネットテレビ」は、総理大臣、内閣の動きおよび政府の重要政策をわかりやすく動画で紹介しているサイトです。
どなたでも視聴できます。  参照:政府インターネットテレビ

他にもテレビで放送されると思います。

リアルタイムで見ることができない人は、U-NEXT でも動画配信が行われることになりました!

 

『政府インターネットテレビ』での動画視聴方法

ご自身のOSで視聴することができないかもしれませんので、動画視聴に最適な環境なのか確認して、視聴することをおススメします。

推奨OSなどの詳細は『政府インターネットテレビ』公式サイトで確認できます。

もし、動画視聴ができないということがあれば、『政府インターネットテレビ よくあるご質問』を読んでみてください。

「動画が視聴できない」「音声不良」などの質問に回答してあります。

視聴前に1度読んで見られてはいかかでしょうか。

 

U-NEXTでの動画視聴方法

『政府インターネットテレビ』で見ることができますが、お使いのOSが対応していないものだと、見れない可能性が高いです。

その点、U-NEXTは i Phonやスマホでも簡単に見ることができます。

31日間の無料トライアル期間と解約の簡単さで、登録することを決めました!

皆さんにもぜひお勧めしたい 動画配信サービスです。

 

まとめ

即位パレードのコースや見やすい場所、出発時間などなどまとめてみました。

ただ、ここで紹介した内容と当日とでは状況が違ってくる場合も大いに考えられますので、ご自身に合わせたBプラン・Cプランなどを用意しておくと 即位パレードをより満喫できるのではないでしょうか。(特に見る場所は、争奪戦だと思います。)

天皇皇后両陛下、とてもステキでしょうね…。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク