10月22日は今年だけの祝日です!それはなぜか来年はどうなるのか徹底解説!

10月22日は今年だけの祝日です!それはなぜか理由と来年はどうなるのか徹底解説!

新天皇即位がされたため、2019年は今までにない年になることが予想されます。

その中でも、話題になっているのが5月1日10月22日ですね。

なぜこの2日が話題なのか… それは 今年だけの祝日になるから!

どうして今年2019年だけの祝日になるのか、調べてきました!

今年2019年だけってことは、来年2020年はどうなるのかも気になるところです!

それも調べてきます!

 

スポンサーリンク

2019年10月22日は なぜ祝日ですか? その名前(名称)は?

10月22日は今年だけの祝日です!それはなぜか理由と来年はどうなるのか徹底解説!

元皇太子さまが新天皇陛下に即位された日2019年5月1日 今年だけの祝日になり、GWが10連休に!

そして2019年10月22日も、今年だけの祝日です!

それはなぜか… 「即位礼正殿の儀」が行われる日だからです。

その祝日の名前(名称)はなんと! 『即位礼正殿の儀が行われる日』!(そのまんまです)

「即位礼正殿の儀」というのは、皇太子さまの即位を国内外に示す儀式

国内はもちろん、国外からも国家元首(外国に対する代表権を持つ存在)や、首脳(組織内での最高権力者)が参列されます。

賓客は 国家元首や首脳… やはりすごいですね…。

とても重大で盛大な儀式で、「即位の礼」の中のメイン儀式なのです。

 

それにしても、最近は『10月22日あたりが4連休になる』という噂があるそうです!

本当に4連休になったら、「即位礼正殿の儀」をじっくり見ることができそうですね。

 

スポンサーリンク

「即位の礼」とは?

10月22日は今年だけの祝日です!それはなぜか理由と来年はどうなるのか徹底解説!

日本の天皇が、崩御・譲位した後、皇太子・皇位継承者に天皇の位を譲ったことを国の内外に示す一連の行事です。

そして「即位の礼」は、最高の皇室儀礼す!

下の一覧表は、「即位の礼」の一連の流れです。

 

即位の礼>

2019年
4月30日
退位礼正殿の儀 現在の天皇陛下が退位
5月 1日 剣璽等承継の儀 皇位継承のしるしを引き継ぐ
同日 即位後朝見の儀 公式に国民の代表と会う
10月22日 即位礼正殿の儀 国内外に即位を宣明する
11月10日 即位パレード
「祝賀御列の儀」
国民に天皇即位を披露「祝賀パレード」
10月22日
  25日
  29日
  31日
饗宴の儀 国内外の代表や賓客が招待され天皇即位を祝う
祝宴

 

<その他の儀式>

10月23日 首相夫妻主催
晩餐会
外国元首らに謝意を表す
11月14日
   15日
大嘗祭 五穀豊穣を感謝し、その継続を祈る一代一度の儀式
2020年
4月19日
立皇嗣の礼 秋篠宮さまが皇位継承順1位の
「皇嗣」になることを示す

 

「即位の礼」は、春~秋にかけて執り行うこととされているようです。

去年は何となく過ぎてしまった10月22日ですが、今年は劇的な日になりますね!

そもそも10月22日は「即位礼正殿の儀」が行われる日でなければ 何の日だったのか気になります…。

そして、11月14・15日に行われる「大嘗祭(だいじょうさい)」は新天皇の即位の年のみ行われるのですが、五穀豊穣を願う「新嘗祭(にいなめさい)」と同様の儀式です。

戦前は、「新嘗祭」という祝日でもあったんですよ。

 

「即位の礼」は即位した翌年に執り行われる?

「即位の礼」は翌年に執り行われるという話を聞いたことがありました。

新天皇が即位する状況に関係があったのですが、先帝崩御後に新天皇即位の為(119代光格天皇は生前退位)、喪に服する期間として1年間「即位の礼」「大嘗祭」が行われないようです。

この期間を設けることから、「即位の礼」は翌年に執り行われるということを 耳にするようになったのかもしれません。

令和の「即位の礼」は(上皇陛下)生前退位の為、これまでと異なる部分があるようです。

 

スポンサーリンク

即位の礼「即位礼正殿の儀」どうして10月22日なの!?

そもそも、どうして10月22日に即位の礼「即位礼正殿の儀」が行われるのか 気になりますよね!

「即位の礼」は春~秋にかけて執り行われることがわかりましたが、どうして6・7・8・9月ではなかったのか考察してみました。

 

なぜ10月22日以外の日にちではなかったのか(考察)

<6月>

季節的にも梅雨ということで、パレードなど屋外で行われる催しが難しいのではないでしょうか…。

でも、6月は唯一「祝日の無い月」なので、「即位礼正殿の儀」を行って 今年だけの”特別な祝日”を施行するということもできたかもしれません。

国内外から賓客が招かれる為、サミット並みの警備や交通規制など、事前準備が想像できないくらい大変だと思います。

大きな儀式を2か月続けて行わない理由になりそうです。

 

<7月>

「猛暑」や「酷暑」という言葉も出てくる季節です。

パレードなど屋外の催しの時に炎天下の中 何時間もかけて天皇皇后両陛下を一目見ようと集まる沿道の方々の体調が心配になります。

暑い季節など、注意が必要な季節は極力避けてあるのではないでしょうか。

 

<8月>

8月はなんといってもお盆です。

それに7月同様、季節は夏… 「暑さ寒さも彼岸まで」とは言いますが、まだまだアツイ…。

国民の体調もですが、皇族の方々の体調も心配です。

体調や病気の心配が増える季節は避けているでしょう…。

 

<9月>

いよいよ9月。

5月・9月・10月は運動会のシーズンですね。 そして、祝日「敬老の日」と「秋分の日」があります。

「即位礼正殿の儀」の行われる日は今年だけ祝日になるので、9月に行う場合 ”祝日が3日”に増えるということになります。 

10月の祝日は「体育の日(2020年はスポーツの日)」だけです。

その月の祝日の数も関係していると思うのですが…。

 

と、いろいろな考察をめぐらせてみましたが 実はこの儀式に合わせて10月22日に執り行われたようです。

 

最有力説!? 関係のある祭祀

関係している祭祀は… 11月に行われる「大嘗祭(だいじょうさい)」です。

五穀豊穣を願う祭祀なのですが、大正天皇以降 11月14日や22日に行われています。

(きっと、11月に行われる祭祀なのだと思います。)

「即位の礼」が終わり「大嘗祭」という流れの為、10月に「即位礼正殿の儀」が執り行われたのでしょう。

 

スポンサーリンク

どうなる!?2020年!

10月22日は今年だけの祝日です!それはなぜか理由と来年はどうなるのか徹底解説!

タイトルにもありましたが、2020年はどうなるのでしょうか…。

代替わりにともなう儀式も無事終了し、10月22日は今年だけの祝日の為 平日に戻るでしょう。

来年は例年通りのカレンダーに戻るものと思っていたのですが、『東京オリンピック』が待っています!

その為、「海の日」「山の日」は例年通りの日程ではありません。

他には、代替わりのため「天皇誕生日」が変わります。

上皇陛下の誕生日12月23日が今後、どのように扱われるかはまだ決定してないようです。

今までの天皇陛下のなかでは、明治天皇や 昭和天皇の天皇誕生日は 名前を変え祝日となっています

そう考えると、上皇陛下の天皇誕生日もそうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

5月1日も、10月22日2019年だけの特別な祝日です。

「今年だけの祝日」を過ごせることは、何度もあるわけではありませんので、日本国民として天皇陛下の即位をお祝いしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク