11月23日はどんな祝日で祭日ではないのか違いは何?暦から消えた理由とは?

11月23日はどんな祝日で祭日ではないのか違いは何?暦から消えた理由とは?

11月23日は祝日なので、まずはどんな祝日なのか解説したいと思います。

今はあまり聞かなくなった「祭日」という言葉。

「祝祭日」とまとめられたりもするので お休みなのは分かるのですが、祝日と祭日の違いを聞かれたら 説明できないです…。

そこで今回は、まず 11月23日はどんな意味の込められた祝日なのか・祝日と祭日は何が違うのかについて調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

11月23日はどんな意味の込められた日?

11月23日はどんな祝日で祭日ではないのか違いは何?暦から消えた理由とは?

11月23日は「勤労感謝の日」です。

令和元年においてはこの日が一年の最後の祝日となります。(今年 令和元年が「天皇誕生日」が無い年だからです)

「勤労感謝の日」は、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という意味合いが込められています。

また、勤労感謝の日は、ハッピーマンデー制度(祝日を月曜に移動させて連休を増やす制度)が導入された現在でも移動されず、11月23日で固定された祝日です。

ハッピーマンデーのもとになったのは、アメリカの「月曜休日統一法」という制度で、さらに、「勤労感謝の日」と似た祝日もあります。

ではなぜ、この日が「勤労感謝の日」になったのでしょうか…。

「祝日」と連発していますが、「祭日」ではないのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

祝日と祭日の違いとは?

手っ取り早く「祝日と祭日の違い」について見ていきましょう。

「勤労感謝の日」、もともとは「新嘗祭」という『宮中祭祀』だったんです。

これが祝日と祭日の違いと、暦から消えた理由のカギになるのかもしれません…。

 

『宮中祭祀(きゅうちゅうさいし)』とは?

天皇が国家と国民の安寧と繁栄を祈ることを目的におこなう祭祀。 参照:Wikipedia

このように記載されています。

天皇陛下が日本という国と、日本国民が穏やかで平和な社会を築き 今後もっと繁栄できるようにという思いをこめ、執り行う祀りごとの事です。

明治維新頃  それまで途絶えていた祭祀を復興させ、時には律令や書物をもとに創出された祭祀が  現在の『宮中祭祀』のほとんどなのだそうです。

 

祝日とは?

「国民の祝日に関する法律:祝日法」という法律があるのですが、その法律で定められた16日の休日祝日 といいます。

現在、生活の一部として親しんでいる「祝日」のことです。

「祝日」の中には、名称を変えて今も存在している「祭日」があります。

戦後(1945年頃) を経験された方 (約80歳前後くらいでしょうか) にとっては、「祝日」よりも「祭日」のほうがしっくりくるかもしれません…。

 

『祭日』とは? 暦から消えた理由…

『祭日』とは、大まかに言うと『皇室で祭祀が執り行われる日』という解釈で問題ないと思います。

「新嘗祭」(「勤労感謝の日」)は『宮中祭祀』=『皇室で祭祀が執り行われる日』なので、「祝日」ではなく「祭日」ではないのか?  という疑問を持った方もいました。

元は、「皇室祭祀令(こうしつさいしれい)」という法令によって定められた「大祭日」「小祭日」のことです。

  • 大祭日とは:天皇自らが祭りの式を執り行う日
  • 小祭日とは:天皇自らが礼拝し、宮中祭祀担当部門が祭典を行う日

1947年(昭和22年)5月2日に廃止された法令により施行されていたものなので  現在「祭日」は存在しません。

そのため、「祭日」が暦から消えてしまったというわけです…。

 

いかがでしょうか?

「祝日」と「祭日」の違い、なんとなくわかりましたか?

  • 「祝日」は、祝日法によって定められた休日
  • 「祭日」は、皇室の祭祀を執り行う日  でしたが、法令廃止により今は存在しない

2019年10月22日は祝日になり「即位礼正殿の儀」が執り行われましたが、今も存在していたら「祭日」のほうが意味合いとしては正しいような気がします。

 

スポンサーリンク

「祝日」になった「大祭日」「小祭日」は?

「祭日」という名称は「大祭日」「小祭日」からきていることがわかりました。

現在、祝日として残っている「大祭日」「小祭日」にはどんな日があるのでしょうか。

小祭日 歳旦祭 1月1日    「元旦」
大祭日 紀元節(きげんせつ) 2月11日  「建国記念の日」
大祭日 春季皇霊祭 3月20日頃「春分の日」
小祭日 天長節(昭和天皇) 4月29日  「昭和の日」
(天皇誕生日→みどりの日→昭和の日)
小祭日 明治節 11月3日  「文化の日」
大祭日 秋季皇霊祭 9月22日頃「秋分の日」
大祭日 新嘗祭(にいなめさい) 11月23日 「勤労感謝の日」

この7日が現在名称を変え「祝日」として存在しています。

今でもこの7日になると、家の玄関先に日の丸を掲げている お宅を見ることがあります。

私の祖父も毎回掲げていたので、よくその手伝いをしたものです。

「祭日」に日の丸を掲げる という習慣を知っている子供たちは少ないかもしれませんね…。

 

スポンサーリンク

戦前の「勤労感謝の日」は何の日だった?

11月23日はどんな祝日で祭日ではないのか違いは何?暦から消えた理由とは?

戦前、この「勤労感謝の日」は宮中祭祀であった「新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)」という名の祝日だったと前述しました。

「新嘗」とは、『秋にその年の収穫物を神に供え、天皇自らも新穀を食する』ことを言います。

昔、農業国家であった日本は 神々に五穀の収穫を祝う風習があり、この新嘗祭は古い日本の重要な行事でした。

一年を養う蓄えとなるその年の収穫物に対し、天皇が国民を代表してこの農作物の恵みに感謝する大事な式典が 毎年11月23日に行われます。

今年 2019年は新天皇が即位したため、新天皇にとっては初めての新嘗祭です。

即位後初めての新嘗祭のことを「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼び、2019年の大嘗祭は11月14・15日に行われます。

この「新嘗祭」も第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって「勤労感謝の日」と改められた祝日の1つです。

 

「勤労感謝」に含まれる意味とは?

 気を取り直して…「勤労感謝」とは、どういうことなのかひもといていきましょう。

「勤労」と言われてすぐ思いつくのは、農作業のような肉体的労働だと思いますが、それだけではありません。

「勤労」という言葉には、「心身を労して仕事にはげむこと(引用:デジタル大辞典)「心身を働かせて仕事に励むこと(引用:大辞林第三版)と書かれており、「身(体)」だけではなく「心(精神)」も含まれていることが分かります。

1948年に、「新嘗祭」は「勤労感謝の日」と名前を変えて新たに日本の国民の祝日となりましたが、この背景には もともとの「新嘗祭を残してほしい」や「新嘗祭として祝いたい」などの声もあったようです。

しかし現代の労働において昔の農作業だけではなく、今日のサービス業なども含めた幅広い意味を持っていることから、今の「勤労感謝の日」という名称の方がしっくりくる時代になったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

祝日と祭日のまとめ

今でも「祭日」という言葉が存在しているのは、皇室の祀りごとを執り行う日を「祭日」と呼ぶこと知ってる世代が  語り継ぐかのように  会話の中に存在してることも理由の一つだと考えられます。

今回、「祝日」と「祭日」という2つの言葉だけいろんな面から調べてみましたが、時代の移り変わりをすごく感じました。

「温故知新」を大事にしながら、その時代に合った形で日本の歴史が築き上げられていくのが理想的かもしれません…。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク