10月22日は今年だけの祝日だけど学校や会社は本当に休日なのか不安の声続出!




昨年末12月上旬に「即位礼正殿の儀」を2019年10月22日に行い 今年だけの祝日になることが発表されたため、カレンダーの表記が変更されました。

とても稀な出来事ですが、お代替わりはそれだけ重要な国事ということですね。

カレンダーでは祝日扱いなのですが、10月22日が祝日になったことを知らない人も多いため、本当にカレンダー通り学校や会社が休日になるのか不安な声も出ているようです。

そんな不安の声に耳を傾けながら、本当に休日になるのか調査してきます!

 

スポンサーリンク

10月22日(祝日)が休日なのか不安の声

https://twitter.com/idol_master_yu/status/1174955704324521987

https://twitter.com/galop0932/status/1174824718685261824

学生よりも社会人の方の不安の声の方が多いですね~。

祝日だけど休日になるかは会社次第… ですもんね…。

そもそも、10月22日が祝日になることを知らない人もたくさんいましたし、「最近知った!」という声もたくさんありました!

10月22日が平日のままのカレンダーを持っている方が 多くいるのではないかと思います。

10月22日が祝日になることは 昨年末12月上旬に発表されたので、しょうがない部分もありますよね…。

12月よりも前にカレンダーの販売は始まりますし、製作はそれよりももっと前ですし…。

中には『即位礼正殿の儀』の文字は入っていますが、日にちの数字が赤文字で書かれていないカレンダーだったので祝日だとは思わなかったという人もいました。

これ、我が家のカレンダーなんですが 確かに数字が黒文字です…。

“『即位礼正殿の儀』が10月22日に行われるのは決まっていたけど 祝日になるかどうかは決定していないので念のため黒文字です” 感 がカレンダーから伝わってくる…。

みんなが祝日だということを知らなかったり、学校や会社が休みなのか不安になってるのは、少なからずカレンダーの影響もありそうですね…。(でも、こればかりはしょうがない気が…)

 

スポンサーリンク

10月22日は祝日だから、学校は休日?

学校は通常カレンダー通りの休日ですが、たまに 日曜参観や文化祭などの行事ごとが土日に入ったりしますよね。

特に10月は文化祭シーズン。

10月19日(土)・20日(日) あたりに文化祭を持ってくるところも多くあるのではないでしょうか…。

そうすると、学校が振替休日を設定します。

祝日法で決められている振替休日(国民の休日)は、日曜と祝日が重なったとき その直近の平日を振替休日とする というものですが、学校の行事ごとでの振替休日は 学校側が都合を合わせて決めているイメージなんですよね…。

我が子の10月の学校行事予定表です。

やはり、10月22日周辺の土日に学校行事をぶつけてきてます!

15日まで秋休みなので、さすがに噂通りの4連休にならないようにしてあるのかもしれません。

しかし、25日~27日まで3連休です。

「文化祭準備」「文化祭」の振替休日を分散させて長い連休にならないようにしてるように見えますよね。

この10月の行事予定表見てもらえればわかるように、10月22日(火)は祝日なので基本的に学校は休み(休日)で大丈夫そうです。

まあ、学生が休日になるのはわかっていましたが、気になるのは社会人の皆さんの会社ですよね…。

これが本題といっても過言ではない…。

 

スポンサーリンク

10月22日が今年だけの祝日でも休日じゃない会社もある?

こんなコメントを見つけました!

カレンダー通りの休日ではない会社もたくさんありますし、今年だけの祝日というイレギュラーな出来事なので 他の会社はどうなのか気になりますよね。

学生と違ってカレンダーが休みだからといって 休みになるとは限らない社会人…。

特にサービス業は、休みこそかき入れ時ですよね。

10月22日を休みにするかしないか、色んなコメント飛び交ってました!

https://twitter.com/shirousa_suruga/status/1174829048821768193

https://twitter.com/ikurinneko/status/1174317410888769536

やはり会社によって違いがありますね~。

  • カレンダー通り 会社カレンダーも休み
  • 土日のみが休みで祝日 仕事
  • 基本的に休日仕事・平日休みのサービス業
  • 祝日休みだけど振替出勤しないといけない

社会人はカレンダーが休みだからといって 必ずしも休みではない… 

『ですよね…。』という結果でした。

 

スポンサーリンク

休日を+1(プラスワン)できる制度があるんだって!?

何となく、「飛び石連休」って残念な気分になっちゃう私…。

だって、2日休んで 1日仕事行って また1日休み って、逆に体が疲れちゃうというか…。

こんな状況に是非使いたい、「プラスワン休暇」という制度があります!

企業によって制度もさまざまだと思いますが、中には『飛び石連休有給促進制度』 名付けて『飛び促(トビソク)』! という制度を設けている企業もあるようです。

「鳶職(とびしょく)」みたい… と思ったみなさん、残念… 仲間です♪ アハッw

 

+1(プラスワン)休暇

“労働組合と使用者(雇い主・事業者)が対立するのではなく、協力して企業を盛んにしていくことで 双方の利益を生み出していこう” という『労使協調』のもと実施できる制度ではあるので 企業によってはこの制度が導入されていない場合もあります。

今回この制度を初めて知ったので、私の働いてきた今までの企業には 導入されていなかったのかも… と思いましたた。

例えば、こんなカレンダーがあるとします。(「海の日」があるので7月ですね;)

土日祝で3連休ですが、それに有給休暇を “+1” プラスワンして4連休にする という制度です。

元々 有給休暇取得率の低さを改善するために作られた制度で、「働き方改革」と対(つい)ともいえる「休み方改革」として、労働者が休みを取りやすい職場環境作りの為の取り組みです。

 

飛び石連休有給促進制度

今回の10月22日の前後のように飛び石連休になることってたまにあります。

その時に有効なのがこの『飛び石連休有給促進制度』

10月21日に有給を使うと、4連休にすることができますね!

導入している企業で利用できる制度になると思いますが、「土日祝日に挟まれた平日は有休消化奨励日」と、有給取得を推奨している企業もあるようです。

企業が推奨してるなんて、とても助かりますね!

確かに業務状況・仲間との連携などもかかわってきますが、「この日に有給使う為に!」と計画的に仕事を頑張る理由にできますよね。

『飛び石連休有給促進制度』を利用して4連休にできたら、家族・恋人・友人・一人で などなど 思い思いの過ごし方ができるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

10月22日『即位礼正殿の儀が行われる日』として 今年だけの祝日になることを最近知った方もいましたが、知っていた方でも本当に休みになるのか多かった不安の声…。

その理由は、カレンダーの日付けが黒文字のままだったから という生活に密着した理由がちらほら。

学校はカレンダー通りの休みになる可能性が高く、会社勤めの皆さんは企業によって違いがある為 必ずしも休みではない ということでした。

企業によって導入されている「休み方改革」に関係する制度をうまく利用できると連休が作れ、充実した休日にできるといいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク